離婚や会社をクビになって生活費が足りない、苦しい時に知っておきたい節約術について紹介します!

 

離婚したり、会社をクビになったりしますとそれまでとは収入形態が異なってきます。

 

そのため、生活費の確保も難しくなり、生活費が足りない・苦しい時なんて場面もあるでしょう。

 

そういったときには失業保険など各手当を利用すべきなのですが、中々それだけで生活費を賄えるというわけにもいかないものです。

 

やはり、収入が少ない時に生活費を十分に保つためには、支出を抑える、つまり節約することが重要となります。

 

当記事では生活費が足りず、生活が苦しい時に知っておきたい節約術について説明しますので、ぜひご参考にしてください。

 

 

現時点の収支状況を確認しよう

 

最初に重要なのは、現時点での収支状況を確認することです。

 

離婚なさっているのでしたら、養育費や慰謝料などの支払い状況などを整理しましょう。

 

失業なさっているのでしたら、失業保険がどれくらい得られているかといった点を確認しましょう。

 

それに加え、支出がどれくらいなのかを調べなければ節約は始まりません。

 

家計簿などをつけるなどして、とりあえず一ヶ月分の収支状況を明らかにするのです。

 

 

水道・光熱費・通信費を見直そう

 

最も節約しやすいのは水道・光熱費・通信費です。

 

冷暖房の節約や、水の出しっぱなしなどを防ぐだけでも大分節約できるものです。

 

失業なさった方はそれまでより通信費などにお金をかける必要は無くなっているはずですので、必要になるまではスマートフォンなどの通信プランを見直してみましょう。

 

 

上記の見直しをしたうえで、他に節約できそうなポイントを模索しよう

 

まず最初に着手すべき点は、上記で紹介したような点です。

 

収支状況を明らかにして、水道・光熱費・通信費の見直しを図ったあとは、それぞれの状況に合わせて節約プランを模索していくのです。

 

節約すべき点とお金をしっかりと使うべき点を見極め、無駄のないお金の使い方を心がけてください。

 

 

生活費が苦しい場合は消費者金融のキャッシングサービスを利用するのもあり?

 

生活費が苦しい時に、消費者金融のキャッシングサービスを利用してしまっては返済できなくなってしまうなど、さらに泥沼にはまるのではないかと訝る方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、月々の最低返済額が2,000円〜と低額なプロミスでしたら返済の負担もあまり大きくならないので、特に問題はありません。

 

SIMガール

 

 

プロミスは会員になっておけば、お金が必要になったときにいつでも振り込みキャッシングサービスですぐにお金を借りることができます。

 

また、30日間無利息キャッシングサービスもありますので、すぐに返済できるような1万円、2万円、3万円、4万円、5万円といった金額でしたら利息負担なしで完済することもできます。

 

プロミスは安全性にも優れた会社で、安定した収入があれば審査に通過することも可能ですので、アルバイトなどをしていれば審査に通過できます。

 

生活費が苦しいという方は、ぜひプロミスでお金を借りて生活を立て直すといったこともご検討ください。