妊娠費用・出産費用・育児費用が足りないなら出産育児一時金を利用しましょう。

 

妊娠や出産となりますと、健康保険の適用外となってしまいますので、全額自腹ということになります。

 

しかしながら、妊娠費用・出産費用・育児費用となりますと非常にお金がかかってしまいますので、用意できないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういった方は『出産育児一時金』という制度を利用して、お金を準備しましょう。

 

出産育児一時金を利用すれば子供一人につき42万円を受け取ることができ、妊娠費用・出産費用・育児費用として利用することが可能です。

 

ただし、健康保険に加入していることが条件となりますので、共働きの方は問題ありませんが、退職した状態でしたら注意しましょう。

 

退職した方も国民健康保険に加入していれば問題ありませんので、落ち着いて対処することをおすすめします。

 

 

出産育児一時金で賄えない部分はキャッシングサービスで補いましょう。

 

上記で説明しましたように、出産育児一時金を使えば子供一人につき42万円が支給されますので、いざという時に頼りになります。

 

しかしながら、出産育児一時金はその名の通り、一時的に支給される制度です。

 

主に出産時の費用などとして支給されますし、自治体によっては自治体が病院側に直接支払うという方式をとっていることもあります。

 

そのため、借りたお金を自由に使っていくことができるわけではないので、利便性の点では少し不便なところもあるのです。

 

出産育児一時金では賄えない部分は、消費者金融モビットのキャッシングサービスを利用することをおすすめします。

 

SIMガール

 

モビットは借りたお金の利用用途が自由ですので、妊娠費用・出産費用・育児費用などを柔軟に借りることが可能です。

 

また、スマートフォンなどで簡単に申し込むことが可能ですので、モビットへの申し込みは手間や時間が全くかかりません。

 

自宅に居ながらでも申し込みが可能ですので、妊娠している女性でも簡単に申し込むことが可能です。

 

審査時間も最短30分と短く、最短即日キャッシングも可能ですので、緊急にお金が必要な用件にも対応することができます。

 

モビットはカードレスのキャッシングサービスとなりますので、いつでもインターネット操作による振り込みキャッシングが可能です。

 

以上のように、利便性の点では出産育児一時金よりも優秀ですので、ぜひモビットの利用も検討して、妊娠費用・出産費用・育児費用として必要なお金を用意しましょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』ですと、配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方も借り入れが可能となっております。

 

つまり、妊娠・出産・育児で忙しくてパートなどをしている時間的余裕がない方でも、カードローンを利用することができるのです。

 

また、年1.8%〜14.6%と低金利で利用できる上に、即日キャッシングや即日カード発行もできるなどスピード面においても優れております。

 

総量規制の影響も受けないため、高額な借り入れも可能となっておりますので、ぜひ妊娠・出産・育児に必要なお金を準備するのにご活用ください。

 

SIMガール