保険料の支払いが遅れて滞納・延滞するとどんなデメリットがありますか?

 

国民健康保険や自動車保険など、公的な保険から民間の保険など、保険に加入していないという方はまずいらっしゃらないかと思われます。

 

保険というのは万が一の事態に備える対策ですから、加入しておくことに越したことはありません。

 

しかしながら、一部ではかなり高い保険料が必要になる保険もありますので、毎月の支払いが厳しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

保険料の支払いが遅れ、滞納・延滞をしてしまえばデメリットが生じることもあります。

 

下記ではどのようなデメリットがあるかを解説しますので、ご参考にしたうえで、保険プランの見直しなどを行いましょう。

 

 

保険の利用が停止されてしまう

 

当たり前のことですが、保険料の支払いを滞納・延滞し続ければ保険の利用が停止されてしまう恐れがあります。

 

そうなりますと、様々な事態に対して、全額自腹で支払いを求められることになります。

 

自動車保険などになりますと、万が一の事故で億単位の賠償金を請求されることもありますので、保険を利用していないと対処しきれないなんてことにもなりかねません。

 

保険というのは、加入者同士がお金を出し合って緊急事態に対応するというシステムですので、保険料の延滞・滞納を続ければ利用できなくなっていまいます。

 

 

保険料の割引制度などが利用できなくなる

 

自動車保険などですと、無事故状態を継続していると保険料の割引などが適用されることがあります。

 

しかしながら、保険料の支払いが遅れて滞納・延滞していますと保険会社からの信用を失い、割引制度などが利用できなくなる恐れがあるのです。

 

毎月の保険料負担が増加する恐れもありますので、やはり保険料の支払いを滞納・延滞することは好ましくありません。

 

 

以上のようなデメリットが生じる恐れがありますので、保険料の支払いを滞納・延滞することは避けましょう。

 

民間の保険会社を利用している方は、支払いが厳しいと感じたらプランの見直しなどをすることをオススメします。

 

保険料の支払いを滞納・延滞するくらいなら消費者金融を使うのもアリ?

 

プランを見直しても必要な保険ばかりということも十分考えられるかと思われます。

 

その場合、急な出費などが重なって保険の支払いが厳しいという場合は、モビットなど消費者金融からお金を借りて支払いに充てるというのもアリでしょう。

 

モビットは携帯電話・スマートフォン・PCなどから申し込めば即日キャッシングをご利用いただけますので、保険料の支払いが迫っているというときにも対応することが可能です。

 

保険料の支払いを滞納・延滞してしまえば上記のようなデメリットが生じる恐れがありますので、キャッシングを利用して対応してみましょう。

 

なお、モビットは10,000円から借りることが可能ですので、必要なお金だけを返し、すぐに返済するということも十分可能です。

 

返済も自動引き落としなどで返済ができるようになっておりますので、ぜひモビットを利用して保険料の支払いを滞納・延滞しないようにしてみてください。

 

SIMガール