三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』と『マイカードプラス』はどちらが金利が低い?

 

日本のメガバンクの一つである三菱東京UFJ銀行にはカードローンが二つあります。

 

一般的なカードローンのようなサービスである『バンクイック』と、キャッシュカード機能にお金を借りるキャッシング機能をつける『マイカードプラス』です。

 

キャッシュカードで銀行口座からお金を引き出すことは日常的にすることですが、それにキャッシング機能が付いているのが『マイカードプラス』となります。

 

どちらも金利が他の会社のカードローンよりも低いため、お得に利用することが可能です。

 

では、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』と『マイカードプラス』ではどちらの方が金利が低いのでしょうか?

 

結論からいいますと、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の方がお得に利用できる可能性が高いので、そちらをご利用ください。

 

SIMガール

 

上記ではバンクイックの方がお得といいましたが、実は金利はそれほど変わらないのです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は年4.6%?14.6%、マイカードプラスは年14.6%です。

 

では、何が違うかというと、限度額が違います。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は500万円までの借り入れが可能なのに対し、マイカードプラスは30万円までです。

 

つまり、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の方が借り入れ限度額が高く、幅広いキャッシングが可能となっております。

 

実は30万円の借り入れでしたらどちらも年14.6%となりますので、差はありません。

 

ですが、バンクイックは利用状況が良好ですと、30万円以上の借り入れ額まで増額(増枠)することが可能です。

 

そして、その増額(増枠)と共に金利が下がり、最低金利の1.8%まで下がる可能性がある分、バンクイックの方がお得といえるでしょう。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』と『マイカードプラス』で在籍確認の勤務先電話連絡で会社バレしないのはどちらですか?

 

ローンの申し込み先を選ぶ上で、もう一つ気になるのは審査の在籍確認です。

 

在籍確認の勤務先電話連絡で会社バレしない方に申し込みたいとお考えの方が多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、実はバンクイックでもマイカードプラスでも審査の中で、必ず電話連絡による在籍確認は行っています。

 

とはいえ、在籍確認の電話連絡はカードローンサービスを伺わせるような単語は絶対に使いませんので、その電話でローン利用がバレることはありません。

 

そのため、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も『マイカードプラス』も会社バレすることがないので、安心して在籍確認を受けることができます。

 

在籍確認の方法が同じでしたら、どちらを選べばいいかわからなくなるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういう時は、キャッシングが利用できるまでの時間で選ぶとよろしいでしょう。

 

バンクイックが最短即日なのに対し、マイカードプラスは2週間程度かかります。

 

そのことからも、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の方が利便性が高いといえますので、ぜひバンクイックを使いましょう。

 

SIMガール